Howling

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


『文藝ガーリッシュ』なる本が前から
気になっていたのですが。

卒論の関係で、
読む事になるとは思ってもいなかった。

その冒頭に、この本を読むべき人が書かれてるんですが。
あー、もー、なんか素敵なんです。

コンセプトは志は高く心は狭い文化系小娘のためのブックガイド。
甘い蜜と恐ろしい毒の二つを兼ね備えた、
素敵な小説たちが載っています。。。
卒論で扱っている『薬指の標本』も
この系統だと思う。


そして卒論を早く終わらせて、
『文藝ガーリッシュ』に載っている、
本たちを読破してしまいたいです。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://diamante.blog8.fc2.com/tb.php/463-4f1c7177

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。