Howling

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


今日は朝から、第一志望群の面接。
もう心臓ばっくんばっくんでした…。


そのときは昼ご飯なんか絶対食べれない!
と思っていたのに、
人間、単純です。
終わった途端にお腹がなりました。

なので
国会図書館でカレーを食してきました。


続きは、かなり長くなる、
大好きな名探偵「教授」の話。


日本の推理小説で好きな探偵のひとり。
「教授」こと、夢水清志郎。

児童向けの推理小説の探偵さんです。
講談社の青い鳥シリーズの。
作者ははやみねかおるさん。
最近、やたらめったら夢水さんの本を読んでいます。
出版元が志望企業のひとつだからなんだけど…。
改めて読んでみて、やっぱりこの人好きだー、と思う。
中学時代にはまってたんです。

夢水さんは、年齢不詳の黒尽くめの男。
ただその外見とは裏腹に、非常に大ボケ。
自分の名前も、年齢すらも忘れてしまうけど、
3度のご飯は忘れない…そんな人。

でも、事件に遭遇したら、
人が変わったように謎を解決。
その謎解きも、
周りの人が幸せになる最良の方法を選ぶのです。


実は漫画も出ていて、それも非常に好きです。
最初は、「なんで漫画にするのよぉぉ」と
拗ねていましたが、読んでみると、あらいい感じ。

小説では、あんなに変な人の夢水さんが、
漫画では、とってもいい感じのお兄ちゃんに見える(笑)
ってか格好良い(笑)
むしろときめく(笑)
掲載されている雑誌が少女漫画雑誌だからか(納得)


小説版も漫画版も、どちらの夢水さんも
素敵です。

小説版は、青い鳥文庫だけじゃなく、
大人向けの文庫も出ていますので、
ぜひお試しあれです。

スポンサーサイト

「なんでもやります」、じゃなくて、
「私はこれがやりたいんです!」のほうが人の心に響くんだなあ、とそういえば去年思ったんでした。
進めば進むほどいろいろ考えちゃうと思うけど、素直に、ね☆
がんばれ♪

2007.03.31 01:18 URL | louis #- [ 編集 ]

>louisさん★
…なるほど…!
とても素敵なアドバイスありがとうございます!
今まさにいろいろ考えてしまっている所なので、
うれしいですーーーーーー(><*)
ありがとうございます!!!!

2007.03.31 16:59 URL | ユウコ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://diamante.blog8.fc2.com/tb.php/363-40b61748

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。