Howling

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
行きたかった美術展のひとつに行ってきました。
見たかった画家さんの絵が予想より来てて、感激でした。


続きは結構マニアックです。

入ってすぐにブリューゲル(父)の作品がっ!!
ブリューゲル(父)の作品がすきなんですよ。
夢想の中をシビアに描く感じが非常に好きで、
「イカロスの墜落」も良かったです。
ブリューゲル(子)の「婚礼の踊り」は美術の教科書で見てたので、
感激感激でした。

あとドラクロワも一点だけど来てたんですよー!
ルーベンスは何点もあったし…★
あと、ヴァン・ダイク!
世界史で習った人ですよ。
それに、何よりマグリット!!!
「血の声」が来ているなんてっ!!
「光の帝国」も非常に良かったです。
なんであんなに空を上手に描けるんだろうなぁ。
あの凛とした空気のある絵が非常に好きです。

ベルギー美術て、何だか一本通った芯がある感じでした。
ブリューゲル(父)から、スワーネンブルフ、
アンソール、デルヴォー、マグリットと、
何だか気持ち悪い、でも愛着を覚えてしまう不思議な世界観。
それと細かく描かずにはいられない性分みたいなのを感じました。
本物かと見まがうばかりの写実性なんですよ。
騙し絵に近い。本当に。
中でもユトレヒトの「オウムのいる静物」に描かれた
彫刻入りの金色の皿は本物がそこにあるようにしか見えない、んです。


いいもん見たなー、というのが素直な感想。
予想外に好きな画家さんが来てたのも、喜び倍増でした。

12月10日まで上野西洋美術館で開催中。
HPはこちら
スポンサーサイト

お!行ってきたのね!!!
去年のベルギー象徴美術派展といい、ベルギー最近流行ってるねぇ!

ゆうこりん、ブリューゲル好きなんだ~♪キレイな画面よね。
私はイカロスの墜落はいつ見てもなんか笑ってしまうのよ。
ちょっと間抜けな感じが親しみを感じない??足が・・・w

ちなみに、私の趣味はアンソール・・・あと、ロップスとかクノップフの世紀末美術も好き・・・(気持ち悪いの好きなのかしらw)

「何だか気持ち悪い、でも愛着を覚えてしまう不思議な世界観」
ってすごく的を射てるなぁって納得しちゃった☆


なんかアートの話が嬉しくて長くなってしまった。またお話しましょ~

2006.11.16 16:55 URL | ミオミオ #- [ 編集 ]

きゃー!たくさんコメントありがとうございますっ!!!
マニアックかつ趣味に走った記事だったので、
コメントないだろうと思ってたので、かなりかなり嬉しいです!!

ブリューゲルの気持ち悪い感じ大好きです(笑)
「天使たちの反逆」とか「ネーデルランドの諺集」とか★
確かにイカロスは間抜けな感じですよね(笑)
題名なのに、えっ、その場所なの!って配置も好きです(笑)


アンソールとクノップフ、ロップス、
この美術展で初めて知ったんですが、
かなりいいなと思いました!
アンソールの飄々としたタッチが好きです!


また是非お話しましょうっっ!!(><*)

2006.11.16 19:30 URL | ユウコ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://diamante.blog8.fc2.com/tb.php/306-6b3da0c8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。