Howling

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はとくダネで「美人の日本語」についてやっていました。
「美人の日本語」は手に入れたいと思っていたので
興味深く見ていました。
でもでもでもでも…。
「醍醐味」や「塩梅」の意味が解らない
女子高生・大生がいるなんて!
しかも「使わなくてもいいじゃーん?」みたいなノリなんて!
日本文学専修としてはかなり切ないです…。

日本語って美しい言語だと思うのですよ。
日本はそもそも季節がはっきりしているので、
季節や時間に関した言葉がすごく多いわけです。
それでその季節と心情が
ふかーく結びついている言語でもあるわけで。
例えば月を表すものとして「宵待月」とか「立待月」とか。
あとはこれは他の言語にいえるのかも知れないけど
語源もまたおもしろいのですよ。
使わなきゃ本当に勿体無いと思うのです!!
だって「綺麗」というのに「綺麗」としか言えないなんて
もったいない!
それならもっともっと語彙を増やして
豊かに表現したいと思いませんか?


ちなみに
私の好きな言葉は「たまゆら」
ほんの少しのあいだ、という意味です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://diamante.blog8.fc2.com/tb.php/24-0b5a8e4a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。