Howling

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


久しぶりに演劇見てきました。

しかもシェイクスピアですよ。
四大悲劇ですよ。


ムーア人の将軍オセロが、
旗手イアーゴの企みにより、
妻デズデモーナの貞操を疑い苦しむ…というお話。

スポンサーサイト
友人の所属する劇団の公演を見てきました。

ストーリーはこんな感じ★↓
学生時代にお互いに一目惚れしながら、
想いを伝えられなかった2人が、
社会人になって再会!
しかし、交換した電話番号のメモが雨で滲んで読めない…。
あぁ…もう会えないと、がっくりの2人。
でもでもでもでも、実は2人の家はお隣同士…。
そのことに気付いていない2人は果たして再会できるのか!!??
おっちょこちょいの天使や、恋敵も登場して、
話は段々とややこしいことに…。


やばいねー、おもしろかった!
ストーリーがよく練られてて面白かったのです。
あと、役者さん一人ひとりのキャラクターが立ってて、
ストーリーのドタバタ感が、よーくわかりました。
余りにそれが心地よくて、
終わったときにもうちょっと見ていたい気持ちになった程で。
毎度の事ながら、小ネタも仕込まれてて、
タイミングの取り方も絶妙。。。
ますますその劇団のファンになってしまいましたよ。

キャラクターに色の設定がしてあるのも、
なかなかわかりやすくてよかったです。
主人公の女の子が赤、男の子が青、
恋敵の女の子が黄、男の子が緑ってね。
それぞれが持つ小物もその色で統一してあって、
それがまたポップで可愛かったんだよー。

あえて言うなら滑舌が良くない役者さんもいて
「んん??」と思ったセリフが
いくつかあったとこが残念だったかなぁ。


うん、この舞台は再演してほしいくらいに好きです。。。
次の公演が楽しみなのです。
大学のミュージカルサークルのミュージカルです。
高校時代の後輩が出ているので見に行ってきました。
大学のサークルだし、そんなに期待はしていなかったのですが。
…凄かったんですよ。かなり。
主役のアイーダの歌唱力にまずメロメロ!
透き通った、力強い声に感情が良くのせられていて
いつまでも聴いていたいと思うほどの歌声でした。
その他の登場人物の歌声も良かったんだけど、特に。
後は演出が素晴らしかったですー!
ダンスもよく練られていたし、舞台効果もかなり凝っていました!
音楽もとってもいい曲ばっかりで、
CDにして売ってくれないかと思ったり(笑)

筋はオペラのアイーダそのものです。
音楽の教科書でちょっと読んだ事ある位の物語でしたが、
ううん。教科書に載るだけあっておもしろいなーと思いました。
特にアムネリスが素敵でした。
今までちゃらんぽらんしていた王女だったのに、
恋人の裏切りなどなどによって、強い女王になる、と。
その胸中を考えるとどうにも切なくなります…。
特に最後の、審判のシーンのセリフが忘れられず。

12月にもまた公演があるみたいなので
見に行こうと思います。
では、この前見に行ったお芝居の感想をつらつらと。

★「言奏?ふたつの愛の物語?」
阿佐ヶ谷のラピュタビルというところにあったのですが
その建物がまたいいんですよ。
緑にあふれた近未来的な建物で。
お芝居があったところは地下だったのですが、
座席がでできてました!
縁側が段々に積み重なった感じで、座るところには座布団が。
上を見上げると照明やら音響やらは
梁の上に作られたベランダのようなところにあって。
土蔵とかで劇を見ているようなそんな気分でした。
内容は「永遠への長い散歩」「不思議な文通」の2本立て。
私が夢中になったのは「不思議な文通」の方。
絵本が原作なのですが、その内容がとにかく深い。
また主人公のグリフィンを演じていた大場真人さんの演技に
私は引き込まれました。
今まで見た演劇は
なかなか引き込まれるってことがなかったのですが、
あの人の演技はすごかったです。
彼が泣いている時には舞台に出て行って
肩を抱いてあげたい気持ちになったものです。
この絵本、いつか私も演りたいです。
いがと計画を立てようと思ってます。(笑)

★HOT DOG
こちらは友人の演劇。
いやはや、こちらもおもしろかったです。
警察と銀行員とヤクザの奇妙な友情を描いた話でした。
ちなみにその劇団は皆女性で、
男役も皆さんばっちりこなしてましたよ。
私は主人公3人の役者さんの役作りにほぅとなりました。
歩き方が3者3様だったんで。
喋り方はおろか、歩き方まで演技してると気付き、
これこそ本当の役者よねぇと思いました。
友人Yも素敵な演技でした★
彼女も男役だったのですが、格好よかったっす。(笑)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。